反回神経麻痺について

反回神経麻痺の原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

反回神経は、声帯を動かし声を出す働きをつかさどっています。反回神経になんらかの原因で麻痺が生じると声がかれます。

脳の病気や、甲状腺がん、食道がん、肺や縦隔のがんなどによって生じます。原因不明の特発性麻痺の場合もあります。

反回神経麻痺の症状

声を出した時に、左右の声帯の間に大きなすきまができてしまいますので、空気が抜けたような、かすれごえになります。

声を出すのに力が必要ですので、長く声を出すことができず、息つぎをしながらしゃべります。逆に声帯が閉じたまま動かなくなってしまうと、息苦しさが出ます。

反回神経麻痺の治療

脳の病気や、癌などの腫瘍が原因の場合は、原因となった病気の治療が第一です。急に息苦しくなった時は、緊急気管切開などの手術が必要となることがあります。

原因不明の麻痺の時は、神経を改善させるビタミンB12や自己治癒能力を高めるATP製剤などを使用しますが、治らないこともあります。

気を付けること

注意事項

声のかれは、上記のとおり、癌が原因となっていることもありますから、続くようでしたら耳鼻科に受診していただくのが良いと考えます。

その他の喉(のど)の病気について

喉に起こる異常から考えられる主な病気について、わかりやすく説明しています。

症状疑いのある病気
のどが痛い発熱ありかぜをひいて、のどを見ると赤い、扁桃に白い膿がついている急性扁桃炎
痛みが強くて、口が開かない、つばが飲み込めない扁桃周囲膿瘍
声が出にくく、息苦しい急性喉頭蓋炎
高熱が出て、体のふしぶしが痛い、頭痛もあるインフルエンザ
発熱ありだんだん痛みが強くなり、つばに血が混じる。飲み込みにくい咽頭がんの疑い
口の中が痛い口や舌が荒れて痛い口内炎
舌が固く腫れたり、潰瘍になっている舌がんの疑い
のどの違和感扁桃に白い膿がついている慢性扁桃炎
花粉症の時などにのどがかゆい咽喉頭アレルギー
酸っぱいものがのどに上がってくる、胸やけがする逆流性食道炎
声がかれる発熱があり、のどが痛い、息苦しい急性喉頭蓋炎
大きな声を出した、声を使う仕事をしている声帯ポリープ、声帯結節
高齢者で、だんだん空気が抜けるような声になってきた声帯溝症
空気が抜けたような声で、長く話せない。水を飲むとむせる反回神経麻痺
タバコや酒の多い人で、ガラガラ声がだんだんひどくなってきた、息苦しい喉頭がんの疑い
首が腫れた発熱あり首に複数のしこりができて、触ると痛いリンパ節炎
のどが痛い急性扁桃炎
耳の前や下が腫れて痛い耳下腺炎
顎の下が腫れて痛い顎下腺炎
発熱なしだんだん耳の前や下が腫れてきた耳下腺腫瘍
だんだん顎の下が腫れてきた顎下腺腫瘍
首の前や横にやわらかいできものができた頚のう胞
首に硬いしこりができて、だんだん大きくなってきたがんのリンパ節転移
PAGE TOP