インフルエンザについて

インフルエンザの原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

冬季など乾燥した環境で、鼻やのどから、インフルエンザウイルスが体に入って起こります。

インフルエンザの症状

発熱、のどの痛み、頭痛に加え、体のふしぶしが痛くなります。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。

ウイルスの潜伏期は1~3日です。

インフルエンザの治療

抗炎症剤や解熱鎮痛薬の飲み薬を使用します。感染初期(発症後48時間以内)であれば、タミフルや、小児であればリレンザ・イナビル等の、抗ウイルス薬も有効です。暖かくし、安静を保ち、水分を良くとることが重要です。

気を付けること

注意事項

予防のために、インフルエンザワクチンをお勧めします。流行シーズンを迎える前の11月ごろの予防接種をお勧めします。

流行シーズンには、できるだけ人込みを避け、マスクをし、外から帰ったら、うがいおよび石鹸での手洗いをして予防してください。部屋が乾燥しないよう、加湿することも有効です。

その他の喉(のど)の病気について

喉に起こる異常から考えられる主な病気について、わかりやすく説明しています。

症状疑いのある病気
のどが痛い発熱ありかぜをひいて、のどを見ると赤い、扁桃に白い膿がついている急性扁桃炎
痛みが強くて、口が開かない、つばが飲み込めない扁桃周囲膿瘍
声が出にくく、息苦しい急性喉頭蓋炎
高熱が出て、体のふしぶしが痛い、頭痛もあるインフルエンザ
発熱ありだんだん痛みが強くなり、つばに血が混じる。飲み込みにくい咽頭がんの疑い
口の中が痛い口や舌が荒れて痛い口内炎
舌が固く腫れたり、潰瘍になっている舌がんの疑い
のどの違和感扁桃に白い膿がついている慢性扁桃炎
花粉症の時などにのどがかゆい咽喉頭アレルギー
酸っぱいものがのどに上がってくる、胸やけがする逆流性食道炎
声がかれる発熱があり、のどが痛い、息苦しい急性喉頭蓋炎
大きな声を出した、声を使う仕事をしている声帯ポリープ、声帯結節
高齢者で、だんだん空気が抜けるような声になってきた声帯溝症
空気が抜けたような声で、長く話せない。水を飲むとむせる反回神経麻痺
タバコや酒の多い人で、ガラガラ声がだんだんひどくなってきた、息苦しい喉頭がんの疑い
首が腫れた発熱あり首に複数のしこりができて、触ると痛いリンパ節炎
のどが痛い急性扁桃炎
耳の前や下が腫れて痛い耳下腺炎
顎の下が腫れて痛い顎下腺炎
発熱なしだんだん耳の前や下が腫れてきた耳下腺腫瘍
だんだん顎の下が腫れてきた顎下腺腫瘍
首の前や横にやわらかいできものができた頚のう胞
首に硬いしこりができて、だんだん大きくなってきたがんのリンパ節転移
PAGE TOP