花粉症について

花粉症の原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

アレルギーが原因で鼻の症状が出るアレルギー性鼻炎のなかでも、草木の花粉が原因となっているものを花粉症といいます。

花粉がたくさん飛ぶ時期にだけ、症状が現れます。人によってそれぞれ反応する花粉は違いますが、春先2月~4月のスギ花粉症と、その後にゴールデンウィーク明けまで続くヒノキの花粉症の人が多いです。このほか、初夏のカモガヤや、秋のブタクサの花粉症などもあります。

花粉症の症状

おもな症状はくしゃみ、透明な鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどです。のどがかゆくなったり、咳がでることもあります。

晴れた日の、特に屋外では、花粉に多く接触しますので症状が強く出ます。

花粉症の治療

花粉症の時期にのみ、抗アレルギー剤の内服、点鼻液、点眼液などを使用します。症状の軽い日も、毎日薬を飲んでいただいたほうが良いです。

さらに言えば、花粉症が始まる2週間前(年によって違いますがスギ花粉症の場合はバレンタインデーあたり)から薬を飲んでいただくと、より効果があります(花粉症の季節前治療)。

急長年にわたって効果がある治療として、アレルゲンを徐々に摂取し体を慣らしアレルギー反応が起こりにくくする「アレルギー免疫治療」があります。ただし、この治療は長い間継続して行わなければならず、根気がいります。また、今のところアレルギー免疫療法は、ダニとスギ花粉に対してしか、保険適応がありません。

鼻づまりが強い人にはレーザー手術などを行うこともあります。

気を付けること

注意事項

マスク(使い捨ての紙マスクが良い)や花粉ゴーグルなどで、花粉を吸いこまないよう、回避していただくことが一番です。まだ花粉症になっていない人も、花粉をたくさん吸いこむと花粉症を発症すると言われておりますので、マスク等で予防したほうが良いです。

外にお出かけの際には、天気予報の花粉症情報に注意してください。花粉の多い日は、できれば外に出ないほうが良いでしょう。

屋外から帰ったら、玄関前で服についた花粉を手で払い落とし、可能なら部屋着に着替えていただくなど、家に花粉を持ち込まないことも重要です。屋外から帰ったら、手洗いうがいなど、体に着いた花粉を洗い流すことも有効です。

花粉症の時期は、服や布団を外で干さないで、部屋干ししてください。さもないと、一日中花粉を吸いこむことになります。

その他の鼻の病気について

鼻に起こる異常から考えられる主な病気について、わかりやすく説明しています。

当院では、花粉症について飲み薬や点鼻薬のほか、スギ花粉症の舌下免疫療法もおこなっています。

症状疑いのある病気
鼻がつまる一年中水鼻やくしゃみが出る、目がかゆい通年性アレルギー性鼻炎
いつも片方の鼻がつまる鼻中隔弯曲症
子どもで、口で呼吸している、いびきがひどいアデノイド増殖症
季節性・一時的水鼻やくしゃみが出る、目がかゆい花粉症
咽が痛いなどのかぜ症状がある急性鼻炎
透明な鼻水が出る一年中くしゃみ・鼻づまりがある、目がかゆい通年性アレルギー性鼻炎
季節性・一時的くしゃみ・鼻づまりがある、目がかゆい花粉症
咽が痛いなどのかぜ症状がある急性鼻炎
汚い鼻水が出る一年中鼻づまりがあり、においがわかりにくい慢性副鼻腔炎
鼻漏に血が混じる、頬が腫れて痛い、だんだんひどくなった上顎がんの疑い
季節性・一時的頬が痛い、歯が痛い、頭痛がある急性副鼻腔炎
PAGE TOP