通年性アレルギー性鼻炎について

通年性アレルギー性鼻炎の原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

アレルギーが原因で鼻の症状が出る病気です。一年中症状のあるものは家ダニやカビを含んだほこり(ハウスダスト)が原因となっている場合が多いです。

アトピー性皮膚炎、喘息などが合併することがあります。

通年性アレルギー性鼻炎の症状

おもな症状はくしゃみ、透明な鼻水、鼻づまり。鼻の中や眼がかゆくなったり、咳がでることもあります。

通年性アレルギー性鼻炎の治療

家ダニやハウスダストなど、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が分かっている場合の治療は、原因物質を除去し、回避することが基本です。自分がどのアレルゲンに反応を示すかは、血液検査で調べることができます。当院でも行っていますので、ご相談ください。

一時的に症状を抑えるには抗アレルギー剤の内服、点鼻液、吸入液などを用います。しかし一年中薬を飲むことは容易ではありませんから、先に述べた原因物質の除去と回避が重要です。完全に除去し、回避することは容易なことではありませんが、症状を少しでも軽くするために、身の回りの環境の整備に努めることが大切です。

長年にわたって効果がある治療として、アレルゲンを徐々に摂取し体を慣らしアレルギー反応が起こりにくくする「アレルギー免疫治療」があります。ただし、この治療は長い間継続して行わなければならず、根気がいります。また、今のところアレルギー免疫療法は、ダニとスギ花粉に対してしか、保険適応がありません。

鼻づまりが強い人にはレーザー手術などを行うこともあります。

気を付けること

急性中耳炎の注意事項

ダニ・カビ・ハウスダストに共通して言えることは、住まいや職場を掃除し清潔に保つことが重要です。カビやほこりの多い環境を避けられない場合は、マスクで予防することをお勧めします。

ダニに対するアレルギー性鼻炎は、ダニの糞や死骸によって起こります。じゅうたんや古い布団にはダニの死骸が貯まります。じゅうたんをやめ、布団は定期的にクリーニングをするなどの対策が有効です。ダニやほこりを外に出さない布団カバー(商品名:ミクロガード)なども有効です。

犬や猫などのペットの毛やフケでアレルギー性鼻炎が起こることもあり、このような場合はなるべくペットとの接触を避ける必要があります。

その他の鼻の病気について

鼻に起こる異常から考えられる主な病気について、わかりやすく説明しています。

当院では、花粉症について飲み薬や点鼻薬のほか、スギ花粉症の舌下免疫療法もおこなっています。

症状疑いのある病気
鼻がつまる一年中水鼻やくしゃみが出る、目がかゆい通年性アレルギー性鼻炎
いつも片方の鼻がつまる鼻中隔弯曲症
子どもで、口で呼吸している、いびきがひどいアデノイド増殖症
季節性・一時的水鼻やくしゃみが出る、目がかゆい花粉症
咽が痛いなどのかぜ症状がある急性鼻炎
透明な鼻水が出る一年中くしゃみ・鼻づまりがある、目がかゆい通年性アレルギー性鼻炎
季節性・一時的くしゃみ・鼻づまりがある、目がかゆい花粉症
咽が痛いなどのかぜ症状がある急性鼻炎
汚い鼻水が出る一年中鼻づまりがあり、においがわかりにくい慢性副鼻腔炎
鼻漏に血が混じる、頬が腫れて痛い、だんだんひどくなった上顎がんの疑い
季節性・一時的頬が痛い、歯が痛い、頭痛がある急性副鼻腔炎
PAGE TOP