起立性低血圧について

起立性低血圧の原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

立ち上がった時に、血圧が急激に下がると、脳に送られる血液量が減少して、めまいが起こります。

体を自動調節する自律神経の乱れなどが関係している場合があります。薬の副作用で起こることもあります。

起立性低血圧の症状

いわゆる立ちくらみ様のめまいです。立ち上がった瞬間、もしくは立ちっぱなしの時に、クラッとしたり、気が遠くなったりします。意識を失うこともあります。

起立性低血圧の治療

血圧を上げる薬や自律神経を改善させる薬の内服のほか、規則正しい生活や十分な睡眠などの生活改善が有効です。

薬の副作用が原因の場合は、原因となっている薬の中止や変更を考えます。

気を付けること

注意事項

体調不良や寝不足は自律神経を乱しますので、規則正しい生活や十分な睡眠が重要です。水分を多めにとったり、塩分を十分にとることも予防となりますが、心臓が悪い人などはこの方法は危険です。

起立性低血圧が起きやすい人は、立ち上がるとき、気を付けてゆっくり立ち上がるようにして下さい。

その他のめまいについて

めまいが主な症状として考えられる病気について、わかりやすく説明しています。

特に、めまいについては、重心動揺計や赤外線眼振計測装置などの機械をつかっての専門的な詳しい検査が可能ですのでご相談ください。

症状疑いのある病気
ぐるぐる回るめまい・ふわふわするめまい頭を動かした時の短時間(数秒~数分)のめまい良性発作性頭位めまい
めまいの発作を繰り返す、耳鳴りや耳のふさがった感じがあるメニエール病
急にひどい、ぐるぐる回るめまいが生じた前庭神経炎
急に耳が聞こえなくなって、ひどいぐるぐる回るめまいも生じた突発性難聴
しゃべりにくい、字が書けない小脳梗塞
意識がもうろうとしている、ひどい頭痛がある脳出血など
立ちくらみ様のめまい・ふわふわするめまい立ち上がった時に目の前が真っ暗になる起立性低血圧
動悸がしたり、脈がとぶ不整脈
PAGE TOP