急性中耳炎について

急性中耳炎の原因や症状、治療についてわかりやすくまとめています。

原因

鼻やのどの細菌が耳管を経由して中耳に入って起こります。子供でかぜをひいていたり、鼻水が多いときに熱が出て耳が痛いという時は、たいていこの病気です。このほかに、鼓膜に以前から穴があいていて、そこから感染する場合もあります。

0~10歳のこどもに多く、3歳までに半分以上のこどもが一度はかかる病気です。ほとんどの場合、成長とともに繰り返さなくなります。

急性中耳炎の症状

鼻水や咳・のどの痛みなどの、かぜ症状を伴っておこる耳の痛みは、中耳炎によることが多いです。

耳の痛みのほかに、きこえにくい、耳がふさがった感じなどもみられます。全身的には、発熱・だるさ・頭痛なども伴います。

膿の貯留がひどくなって鼓膜が破れると耳だれがでますが、一方では耳の痛みや発熱などの症状は軽くなっていくのが普通です。

急性中耳炎の治療

抗炎症薬・解熱鎮痛薬・抗生剤などを投与します。重症の急性中耳炎の場合は、鼓膜切開をして排膿をうながすと、痛みや発熱が軽快します。耳だれが出ている場合や鼓膜切開をした場合は点耳薬も使用します。

完治するまで治療しないと、滲出性中耳炎に移行し、聞こえにくい状態が続いてしまいますので、こまめに通院して治療を行うことが重要です。

急性中耳炎は夜間に痛みがひどくなることが多いです。このような時は、解熱鎮痛薬(熱がなくても使用可)の頓服を使用したり、耳の周りをタオルで包んだアイスノンなどで冷やしてあげれば良いです。急性中耳炎と診断がついていれば、夜間の耳の痛みでもあわてる必要はありません。

気を付けること

急性中耳炎の注意事項

鼻水を除去したり鼻をかむことも治療の1つですが、強く鼻をかみすぎると耳管から細菌を中耳に送り込んでしまい、中耳炎を悪化させてしまう恐れがあります。

乳児の場合、人工ミルクよりも母乳のほうが免疫力を高め、中耳炎になりにくいと言われています。授乳のときに赤ちゃんの頭を高くして授乳することも中耳炎の予防になります。

その他の耳の病気について

耳に起こる異常から考えられる主な病気について、わかりやすく説明しています。

症状疑いのある病気
耳が痛い発熱ありかぜをひいていて鼻水も出る急性中耳炎
耳の前や下が腫れている耳下腺炎
のども痛い急性扁桃炎
発熱なし耳たぶを引っ張ると痛い外耳炎
耳かきで傷つけてしまい血が出た外耳道損傷・鼓膜損傷
硬いものをかむと耳の前が痛い顎関節症
耳だれが出る発熱あり強い痛みや熱が出る急性中耳炎
発熱なしかゆい外耳道湿疹
長年聞こえが悪い慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
耳がかゆいかゆくて掻いてしまい、さらにかゆくなった。耳だれが出る外耳道湿疹
痛がゆくて、汚い耳だれや膿が出る外耳道真菌症
聞こえが悪い・耳がつまった感じ急になった耳かきの後や耳に水が入った後、耳がつまった感じがする耳垢栓塞
突然まったく聞こえなくなった突発性難聴
高い山に登った時のように耳がつまった感じがする滲出性中耳炎
低い音の耳鳴りを伴いめまいもするメニエール病
徐々になった高齢者で、右耳も左耳も同じくらい悪い老人性難聴
耳だれが出る慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
長年、大きな音を聞く職業だった。長年、大きな音で音楽を聴いていた騒音性難聴
PAGE TOP